千葉県八千代市のTRC八千代中央図書館・勝田台図書館・緑が丘図書館・オーエンス八千代市民ギャラリーのHPです。

千葉県八千代市のTRC八千代中央図書館・勝田台図書館・緑が丘図書館・オーエンス八千代市民ギャラリーのHPです。千葉県八千代市のTRC八千代中央図書館・勝田台図書館・緑が丘図書館・オーエンス八千代市民ギャラリーのHPです。

常設展

常設展

彫刻展 樹閑 JUKAN

作家紹介(五十音順)

◆佐藤 忠良

1912-2011 彫刻家
宮城県黒川群生まれ。
少年時代を北海道で過ごし、絵画を学ぶために上京するが、ロダン、マイヨール、デスピオなど新しい生命主義の作品に感銘を覚え彫刻家を志す。東京美術学校(現東京藝術大学)を卒業後、新制作派協会(現新制作)舞台に活躍。 昭和19年に兵役に召集、終戦後のシベリアでの抑留生活を経て帰還後に制作を再開。 その体験から、平凡なごく普通の生活の中でほんの一瞬だけ垣間見る「人間の美」を追求した作品を多く手掛ける。 昭和56年には、パリの国立ロダン美術館で日本人初の個展を開催。 その功績により、フランス・アカデミー・デ・ボザールの客員会員に推挙されるなど国際的にも高い評価を得ている。

◆福永 巨

1949- 彫刻家
愛知県生まれ、東京藝術大学美術学部彫刻科を卒業。
天竜彫刻の村シンポジウムや彫る・刻むⅣ ちばぎんギャラリーに携わる。現在は、歩会会員、千葉県美術会会員、八千代市芸術文化協会会員である。

過去の展示作品

2020年7月18日(土)~9月15日(火)「ふるさとに帰る」

2020年6月2日(火)~7月15日(水)「心象画展」

2019年12月7日(土)~2月28日(金)「静謐の刻」